happynammie’s blog ー食からpowerを届けるブログー

美味しいもの大好き♡な博多っ娘です!「食」について、ついつい誰かに話したくなるような話のネタを書いていこうと思います。今日の友達との電話や、商談時のアイスブレイクなどにお使いいただければ幸いです♪

みかんより甘いトマト!?ドロップファームの「美容トマト」に感動♡

 

お仕事お疲れさまです♪

nammieです。

 

皆さんはおやつに何を食べていますか?

テレワークが増えて家にいる時間が長くなると、ついついチョコレートやクッキーなどをコンビニで買って食べながら仕事してしまいますよね!

 

2~3日にわけて食べようと思って買った大袋のお菓子を、1日で食べきってしまったときの罪悪感はすさまじいものです。(笑)

 

そこでわたしは最近、おやつに食べるものを変えることにしました。

いま何にはまっているのかというと、トマト!!!

 

スーパーで売っているミニトマト10個入くらいのパックをパソコンの横において、もぐもぐしています。(笑)

 

実はトマトが本当に好きで、30個くらいのミニトマトを小腹満たしに食べてみて以来、「これは普段のおやつとしていいぞ!」と味をしめた次第です。(笑)

 

そんなトマト好きのわたしに、友達が「美容トマト」なるものを教えてくれました!

その「美容トマト」にいろんな意味で感動したので、今日はその話をさせてください♡

 

 

 

「美容トマト」ってなに?

 

f:id:happynammie:20210121104524j:image

 

「美容トマト」とは、ドロップファームという農家でつくられたトマトの商品名です。糖度は最高12度と高く、ただのトマトとは一線を画したいわゆるフルーツトマトになります。

 

ちなみに糖度12度は、高級な温州みかんと同じくらいの甘さだそう!

かなり甘いことがイメージできますね♪

 

ミニトマトはもちろん、写真にあるトマトジュースも販売しています。

トマトジュースの常識が覆るくらい、これが本当に美味しいんだ…!

トマト好きは必食です♡

(必飲かな?笑)


f:id:happynammie:20210121104515j:image

 

原材料をみて分かる通り、トマトジュースにもトマトしか使われていません。

一度飲んだらそのことにきっと驚くと思います。

 

見てるだけもおしゃれで可愛い!インスタ映えするトマト

 

「美容トマト」は女性経営者の方が生産→ブランディング→販売まで手掛けていることもあり、その見た目がとってもキュートでおしゃれなんです♡

 

インスタ映えするのも、人気が高い理由のひとつかもしれません。

 

 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 

A post shared by mii (@miku39saku)

www.instagram.com

 

www.instagram.com

 

 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 

A post shared by dropfarm (@dropfarm)

www.instagram.com

 

「美容トマト」を有名にした敏腕経営者・三浦綾佳さん

 

「美容トマト」を手掛けているのは、三浦綾佳さん

実は、三浦さんのキャリアや「働く」ということへの考え方が注目され、NHKの「経済フロントライン」や、TBSの「林先生が驚く初耳学!」でも特集されています。

 

三浦さんは、アパレルの販売や広告代理店の仕事をしていましたが、出産を機に働き方を見直したそう。

 

不器用なので働くことと子育てを分けることはおそらく難しく、無理をすればどちらかにしわ寄せがいく。でもどちらにも全力投球したいと思っていたのです。どうしたら子育て中でも無理をせずに楽しんで働けて十分な所得を得られるのか、考えていました。 

引用:

出産を機にトマト農家デビュー 子育てと仕事を両立|NIKKEI STYLE

 

そこで考えついたのが「農業」という選択。

詳しいことは以下の記事などに書かれていますが、知れば知るほどすごい人だなと思います。その行動と計画性に、同じ女性として本当に尊敬します。

 

最初は「美容トマトってパッケージがかわいいし、おいしいなあ」くらいにしか正直思っていませんでしたが、このブログを書くにあたって商品の背景などを知ると、共感できるストーリーがあって本当に面白いなと感じます。

(めずらしく真面目な文章。)

 

style.nikkei.com

 

 ちなみに、栄養士や野菜ソムリエプロの資格を持ち、農林水産省が主催している「農業女子プロジェクト」のメンバーでもあるそうです。

 

「農業に携わる女性のモデルがいないのなら、自分がそのモデルになる!」と行動し続ける姿勢がかっこいいです。

 

「農業は大変で稼げない」という一般論を、自分の姿で打破しようとしているのですね。

 

nougyoujoshi.maff.go.jp

 

さいごに

 

いかがでしたか?

 

今回のようなストーリーや背景を知ると、なんだか身近に感じて、応援したくなりますね!母の誕生日に、美容トマトの商品を送ってみようかなと思います。

 

毎日何気なく食べているものも、このように調べてみると新しい発見があって面白いかもしれませんね!

 

それでは、今日はこのへんで。

ここまでお読みいただきありがとうございます。

それでは、また明日~!

 

▼ドロップファームの公式HPはこちらです↓↓↓

www.dropfarm.jp